ミームの心臓
By 酒井一途 Follow | Public

主宰の酒井一途を中心に、2010年4月旗揚げ。 時代の潮流を見据えた上で、容易に消費されることのない作品を上演していけるよう心懸けている。その作風は「品の良い、透き通った作品」と評価される。 旗揚げ以降6回の公演を行い、3065名を動員。(うち4回が本公演、2回が当団体主催の企画公演)
第二回公演『ケージ』(2011年8月4~7日@池袋シアターグリーンBASE THEATER)では、 現実を諦観し理想を夢見ない現代の若者と、 現実感の伴わぬ理想を胸に抱いた全共闘時代の若者との邂逅から、「現実とは理想とは」という若者が通らねばならない問題を追及した。 出演者6名、4日間7ステージで502名を動員。シアターグリーン学生芸術祭プロデューサー賞を受賞。
また企画公演『focus.神話』(2013年5月2日~8日@王子小劇場)では、 ハイブリットハイジ座(早稲田大学)、ミームの心臓(慶應義塾大学) 、四次元ボックス(日本大学藝術学部)の三学生劇団を集い、神話をテーマに一時間の作品を一挙上演。7日間14ステージで825名を動員。